• 桐蔭学園トランジションセンター

桐蔭学園があざみ野「認知症の人にやさしい街プロジェクト」に参画、始動!

桐蔭学園・桐蔭横浜大学では、やさしい街あざみ野実行委員会主催「認知症の人にやさしい街プロジェクト」に参加しています。スポーツ健康政策学部の学生と地域連携部署トランジションセンターで協働し地域の課題解決に取り組んでいます。学生は、商店会の認知症に対する意識調査を担当することから、6月14日(月)自学において、事前に認知症サポーター養成講座を受講。講座は、青葉区・あざみ野商店会、認知症、アンケート調査などについての講義やロールプレイを実施し、充実した内容となりました。在学生・あざみ野商店会の方々・トランジションセンターメンバーが、無事、認知症サポーターに。認知症の方の症状や、声がけの仕方・タイミングを学び6月下旬よりいよいよアンケートを開始します。



あざみ野商店会協同組合 代表理事 黒沼勤氏よりあざみ野商店会についてお話をいただく。



溝上理事長より本プロジェクト・アンケートの意義や目的についての説明。



地域ケアプラザの認知症サポーター(キャラバンメイト)の指導でロールプレイをする学生




147回の閲覧0件のコメント