• 桐蔭学園トランジションセンター

これからの時代に求められるニュータイプの人材とは

【対談企画】 これからの時代に求められるニュータイプの人材とは ー偏差値的な学歴社会はニュータイプ人材を育てられるかー

-----------------------------------------------------

講座概要

-----------------------------------------------------

ニュータイプの人材は果たして学校教育で育成できるのか。 第一部では、山口周氏に 「これからの時代に求められるニュータイプの人材とは」 と題して、 新時代を生き抜く 社会で求められる人材の24の思考・ 行動様式についてお話しいただきます。 第二部の溝上との対談では、果たして、現在の新学習指導要領、 高大接続改革で ニュータイプの人材を育成できるのか、 偏差値で序列化された学歴社会に人材育成の未来はあるのか、 についてそれぞれの立場からディスカッション致します。



【講師のご紹介 】






















独立研究者、著作家、パブリックスピーカー

山口周


◇ご経歴

1970年東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー、株式会社ライプニッツ 代表取締役。電通、BCGなどで戦略策定、文化政策、組織開発等に従事。著書に『二ュ―タイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。 慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。 株式会社中川政七商店社外取締役、株式会社モバイルファクトリー社外取締役。


◇著書

『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識Jを鍛えるのか?』『武器なる哲学』 他


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【講師のご紹介 】
















学校法人桐蔭学園 理事長 桐蔭横浜大学 学長・教授

溝上慎一


◇ご経歴

2003年京都大学高等教育研究開発推進センター助教授(准教授)。2014年同教授を経て、2018年9月に桐蔭学園へ着任。2019年4月より理事長就任、2020年4月より現職。京都大学博士(教育学)。

専門:心理学(現代青年期、自己・アイデンティティ形成、自己の分権化)と教育実践研究(学びと成長、アクティブラーニング、学校から仕事・社会へのトランジションなど)。


◇著書

『自己形成の心理学-他者の森をかけ抜けて自己になる』(2008世界思想社、単著)、『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』(2014東信堂、単著)、他多数

溝上慎一ウェブサイト


-----------------------------------------------------

12月20日(日)タイムテーブル

-----------------------------------------------------

13:45~ Zoom開室

14:00~ 開始

【第一部】

『これからの時代に求められるニュータイプの人材とは』(山口 周氏)


ー休憩ー


【第二部】

『偏差値的な学歴社会はニュータイプ人材を育てられるか』(山口 周氏×溝上 慎一教授)

対談の後、チャットによる質疑応答や、参加者の皆さまとブレイクアウトのお時間をもうけます。


16:00 終了

※スケジュールは変更になることがございます。ご了承ください。

※当日欠席された方限定でアーカイブを配信する予定です。

 配信開始時期は講座終了後、2週間程度を予定しており、期間を限定して公開いたします。なお、アーカイブ配信は講師の講義部分のみとさせていただき、質疑応答やブレイクアウト部分は原則含みません。


■会場

オンライン(Zoom)開催。




103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示