• 桐蔭学園トランジションセンター

変化の時代の「独立した働き方」アプローチ


変化の時代の「独立した働き方」アプローチ

「働く」が変化する時、「学び方」も変化する。


【開催日時】

2021年7月17日(土)14:00~15:30


【受講料】

1,500円


【申し込み締め切り】

7/16(金)10:00まで

※銀行振込の場合は7/14(水)午前10時まで


【講師】

独立ワークスラボ所長 兼 アントレフェロー

菊池保人

    

【講座概要】

人生100年時代、新型コロナの世界的なパンデミックへの対応が急がれる中、少子高齢化・生産人口減少など社会構造の変化が確実に進んでいます。ひとりの働ける期間が長期化し、ひとつの働き方に依存するのではなく、複数の働き方を経験する流れがうまれています。副業やパラレルキャリア等「働く」が変化する時、その学び方も学ぶ内容も変化していきます。この講座では、アントレ独立ワークスラボの調査をベースに、ミドルシニア1人ひとりの「独立した働き方」へのアプローチを学びます。自分は何が得意で何ができる人なのか、どこからなにを始めればいいか考えるキッカケをつくります。これまで経験したコトをふり返り、過去の事実は変わらないとしても、今に続く自分にとっての意味を紐解くコトで、次の一歩への行動につなげます。 私たちを飲み込もうとする変化の波はあらゆる方向に進んでいます。その拡がる変化の波に追いかけられるだけではなく、その波の先頭にのると意識して行動することで、自分の価値を増幅していければと考えています。


≪内容≫

1.アントレ独立ワークスラボとは

2.働き方の変化とは

3.独立した働き方の事例を学ぶ

4.1人ひとりの経験から学ぶ(得意なコト・できるコトを拡げる)

5.独立/開業・副業の知見と心得

6.副業やってみる(行動の機会つくり)

7.結果からの学びと発信する重要性

8.まとめ


【講師プロフィール】



独立ワークスラボ所長 兼 アントレフェロー

菊池保人


東京工業大学卒業後、1987年4月、株式会社リクルートに新入社員として入社。 新規事業の営業職、企画職を経て、リクルート全社のIT統括組織にて、各事業領域のIT戦略の立案とその実行部隊の責任者となる。 リクルートのすべての事業領域を担当し、メディア・商品のリニュアル、業務BPRを推進してきた。その後、全社横断のネットマーケ戦略立案とその実行責任者を経験。 人材領域での新規事業開発を担ったあと、「アントレ」の編集長を経て、2019年4月リクルートグループから事業ごと独立し、株式会社アントレの代表取締役に就任。そして2020年7月、代表取締役を交代し、個人が中心となる“独立した働き方”の拡大を目的にアントレ内外の調査研究を推進する“独立ワークスラボ”を設立、所長兼アントレフェローに就任。 「自由になるのは未来だけ、その未来に続く今を変える!」を合い言葉に、誰もが自分らしい独立した働き方に挑戦できる社会を目指す。



最新記事

すべて表示