桐蔭横浜大が横浜ビー・コルセアーズと、横浜市を中心とした社会貢献と人材育成を目的に連携・協力に関する協定を締結

桐蔭横浜大学(横浜市青葉区 学長:森朋子)は、横浜市を中心とした地域・社会貢献と学生やアスリートに対する人材育成に寄与することを目的に株式会社横浜ビー・コルセアーズと連携・協力に関する協定を10月7日に締結いたしました。

連携・協力に関する協定の概要について





【目的】

「学生と、アスリート・社会人」の「学び」と「キャリア支援」を通じて、桐蔭横浜大学と横浜ビー・コルセアーズが協働して横浜市を中心とした地域・社会貢献を実践することを目的としています。


【連携・協力内容】

(1)相互における学びの提供、人材育成に関すること

①プロスポーツクラブの経営やビジネスモデルを学ぶこと

②学生に対するインターンとしての実践教育

③選手や社会人の学びとキャリア支援

(2)地域貢献活動に関すること

学内外での地域貢献活動に大学とクラブが連携して取り組むこと

(3)横浜ビー・コルセアーズの集客向上に関すること



横浜ビ・コルセアーズ×桐蔭横浜大学プレスリリース
.pdf
Download PDF • 1.24MB