• 桐蔭学園トランジションセンター

【再掲載】桐蔭学園トランジションセンター×ビタミンママ コラボ企画(Zoom)開催

【大丈夫!コロナ禍の教育】 Vol.3

オンライン学習を組み込んだウィズ/ポストコロナの学校教育

※講座詳細ページの開始時刻に間違いがございました。

×11:00→〇10:30 お詫び致します。

以下が正しい情報です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日:2020年8月29日(土)10:30〜11:30

​    (最大延長12:00)

    ※事前お申込み要。(申込締切 前日15時)


対象:お子様 (主に小中高校) がいる保護者


参加費:無料


講座概要:横浜・川崎を中心に保護者の方々を支援する媒体、ビタミンママの連載記事「大丈夫!コロナ禍の教育」を執筆。 今回のセミナーでは、連載③「オンライン学習を組み込んだウィズ/ポストコロナの学校教育」についてオンラインでも簡単に解説し、その後ブレイクアウトで参加者の皆さまから質問や感想をいただき議論を行います。主に小・中・高校生の保護者であることが参加の条件です。

【ビタミンママ掲載記事】

※(講師からお願い)参加者は事前に上記の連載ページを読んだ上でご参加いただけると助かります。当日は軽く目を通されていることを前提にお話をします。



講師:学校法人桐蔭学園 理事長 

   桐蔭横浜大学 学長・教授 

   溝上 慎一


講師経歴:2003年京都大学高等教育研究開発推進センター助教授(准教授)。2014年同教授を経て、2018年9月に桐蔭学園へ着任。2019年4月より理事長就任、2020年4月より現職。京都大学博士(教育学)。 専門:心理学(現代青年期、自己・アイデンティティ形成、自己の分権化)と教育実践研究(学びと成長、アクティブラーニング、学校から仕事・社会へのトランジションなど)。


著書:『自己形成の心理学-他者の森をかけ抜けて自己になる』(2008世界思想社、単著)、『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』(2014東信堂、単著)、他多数

【溝上慎一ウェブサイト】









協力



34回の閲覧

桐蔭学園 トランジションセンター

桐蔭横浜大学 地域連携・生涯学習センター

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614番地

TEL:045-975-2100

(C)TOIN GAKUEN TRANSITIONCENTER. all rights reserved.