• 桐蔭学園トランジションセンター

オンライン時代の就活~1分間自己PRのコツ【桐蔭オンライン講座】


【講師】

フリーアナウンサー 

昭和女子大学・桜美林大学非常勤講師 深沢彩子


【開催日時

2020年5月12日(火)15:00〜15:30

対象

大学生

講座概要

就活のエントリーや面接に、メディアを使う機会が増えています。録画・録音・Zoomなどで印象に残る、適切な自己PRができることを目指します。

講師経歴

早稲田大学教育学部卒業。ラジオ福島アナウンサーを経てフリーに。社会人として佛教大学大学院修士課程修了。

著作

NHK FM「歌謡スクランブル」構成・DJ、テレビ朝日「ちいさい旅」ナレーター、衆議院事務局研修講師など。著書「不安が自信に変わる話し方の教室」(共著者 稲垣麻由美、三才ブックス)など

Web

http://www.me-her.co.jp/profile/fukazawa_ayako/

【体験レポート】



こんにちは。トランジションセンター所属のAです。 今回は、コロナを乗り切る!桐蔭オンライン講座「オンライン時代の就活〜1分間自己PRのコツ」を受講いたしましたのでそちらをご紹介いたします!

突然ですがみな樣、自己PRは得意ですか?人前でお話しすることに苦手意識はありませんか?

自信を持って「得意です!お任せください!」と答えられる方、一体どのくらいらっしゃるのでしょうか。どんどん思考がネガティブになってしまうくらい、私Aは自己PR、人前で話すこと面談・面接全てが苦手です。就活時代もそれはそれは苦労し、思い出すだけでも胃がキュルキュルと痛みます。しかも当時と違い今はオンラインでの面接、動画PRなんてものもあるそうで・・・。大変です。現代の就活生。

そんなみな様に大変好評だったのがこちらの講座「オンライン時代の就活〜1分間自己PRのコツ」。講師をしてくださったのはフリーアナウンサーで昭和女子大学・桜美林大学で非常勤講師も勤めていらっしゃる深沢彩子先生。簡単な自己紹介から始まり、自己PRのコツ、オンラインの面接で特に気を付ける点などを良い例・悪い例を示しながら教えていただきました。

今回の講座では実際に就職活動中の学生さんも複数名参加しており、自己PRの練習を行ったり、コミュニケーションを取りながらの進行となりました。先生のアドバイスを受けたあとの自己PRは思わずうなづいてしまうほどわかりやすくなり、深沢先生のアドバイスの的確さと瞬発力を持って応えられる若い学生のみな様に感動です。

講座を受講できなかった方のためにここでは特別に一つだけコツをお伝えします。それはきちんと間をとって話をすること。会話にきちんと間をとることで、相手は理解したり考えたりするための時間を得ることができます。オンラインの会話ではネット回線により会話のテンポが対面とは異なるため、相手の発言に重ねてしゃべってしまったりすることがありますよね。3~4つ、数を数えてみましょう!いつもの自分よりもゆったりと間をとって話すことで発言の重なりも回避でき、自分も相手も心地よく落ち着いてコミュニケーションをとることができます。ちなみに、このきちんと間をとって話すを心掛けると一分間でおよそ300文字程度の文章が適切だそうです。ぜひ、自己PRの練習を行う際の参考にしてみてください。

そんな簡単なこと?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、効果は絶大です。実際にこの講座の間中、深沢先生はゆったりと間をとってお話をされていたため、アドバイスの内容をきちんと理解してメモを取ったり、こういう時はどうしたらよかったのだろうと自分の経験に照らし合わせて考えることができました。講座の後半、受講者からの質問が多くでたのも、間をとったお話しのおかげで理解しながら講座を受講できたことの成果だったと思います。

講座内容以外でも私にとって印象的だったのが、途中に深沢先生が先生自身も「恥ずかしい」とお話しされていたこと。アナウンサーとしても大学講師としても経験豊富な深沢先生も、「恥ずかしい」と思う気持ちを胸に秘め、試行錯誤しながら私たちの前でお話ししてくださっているのかもと思うと勇気が湧いてきます!

もっと早く、できれば就職活動中に受講したかった。そんなふうに思える講座でした。 深沢彩子先生、参加者のみなさま、ありがとうございました! みな様の就職活動が実りあるものになりますように!

桐蔭学園 トランジションセンター

桐蔭横浜大学 地域連携・生涯学習センター

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614番地

TEL:045-975-2100

(C)TOIN GAKUEN TRANSITIONCENTER. all rights reserved.