top of page

ペロブスカイト太陽電池の先行実証実験を東急田園都市線・青葉台駅にて実施します~駅という公共空間での実証実験は日本初!~


~同日開催のゼロカーボンフェスタにて桐蔭横浜大学 宮坂特任教授の講演会などを開催~



学校法人桐蔭学園

東急株式会社

東急電鉄株式会社

横浜市温暖化対策統括本部調整課



 学校法人桐蔭学園(以下、桐蔭学園)、東急株式会社(以下、東急)、東急電鉄株式会社(以下、東急電鉄)、横浜市の4者は、2023年2月11日(土)に、ペロブスカイト太陽電池(以下、同電池)の先行実証実験(以下、本実験)を東急田園都市線・青葉台駅正面口改札前自由通路にて実施します。本実験は、商用化に向けて開発が進められている同電池が駅という公共空間において一般の方々が身近に感じられる形で実証実験が行われる日本初※の取組です。(※4者調べ)

 なお、本実験は、「nexus(ネクサス)構想」の一環として桐蔭学園、東急、東急電鉄の3者が締結した「教育」と「エネルギー」における相互連携に関する協定、並びに横浜市と桐蔭学園の2者が締結した「脱炭素社会の構築及び持続可能で魅力ある暮らしづくりの推進に関する協定」に基づく取組となります。


 本実験では、地域の方々が日常的に利用する青葉台駅正面口改札前自由通路の天窓下において、同電池の特長である屋内での発電の実証実験を株式会社東芝が作製した大面積(703㎝²)のフィルム型同電池(以下、実験資材)を用い、東芝エネルギーシステムズ株式会社の協力により実施します。本実験を通じて、同電池の性能を確認し、各者の保有する資産(既存建物、駅、車両、高架橋など)への同電池の設置など将来の活用方法の検討に活かします。


 また、青葉台駅徒歩3分に位置するスプラス青葉台で同日に開催される、まちづくりの一環として脱炭素社会の実現を目指すプロモーションイベント「田園都市からはじめる ゼロカーボンフェスタ」にて、桐蔭横浜大学研究室で作製した研究用同電池(以下、研究用資材)を用いて、地域の方々に同電池を身近に触れて理解いただく機会を作ります。

 発電した電気でプロペラを回す、鉄道模型(Nゲージ)を動かすなどの同電池の特徴を実感する場を作るとともに同電池に関連するパネル展示や同電池の開発者である桐蔭横浜大学特任教授宮坂力氏による同電池の将来的な可能性についての講演を実施します。さらに、今後は、多くの人が同電池に触れる機会を作り、同電池がもたらす将来的な生活像の普及に努めます。


 4者は、今後も同電池の実用化の状況を踏まえながら、同電池を活用した必要な連携を行っていきます。

(イメージ図)

出典:東芝エネルギーシステムズ株式会社

■フィルム型ペロブスカイト太陽電池


■東急田園都市線青葉台駅



【ニュースリリース】ペロブスカイト太陽電池の先行実証実験を東急田園都市線・青葉台駅にて実施します
.pdf
ダウンロード:PDF • 466KB

以 上


お問合せ先

桐蔭学園トランジションセンター所長 武田 佳子

東急株式会社 社長室 広報グループ 報道担当

03-3477-6086

横浜市温暖化対策統括本部調整課担当課長 東田 建治

045-671-2336

留言


bottom of page