男性長寿日本一の横浜市青葉区で桐蔭学園とやさしい街あざみ野実行委員会が、高齢者・認知症に関する意識調査を実施。


▶50代・60代世代では、青葉区(あざみ野・すすき野)の「健康」「生きがい」「二つのライフ(キャリア意識)」 「パーソナリティ特性(外向性・経験への開かれ)」は全国データに比べて高い傾向が認められた。 <分析Ⅱ>より

▶「二つのライフ(キャリア意識)」の活動から見ると、あざみ野地区の“ボランティアや地域・社会支援”の割合が50代・60代ともに高い。 <分析Ⅱ>より

▶20代から80代の分析では、認知症の人に対する態度が肯定的な人は、地域への関与度・地域貢献への効力感が高いことが認められた。 <分析Ⅰ>より


 学校法人桐蔭学園(横浜市青葉区、理事長:溝上慎一)は、「やさしい街あざみ野実行委員会」(横浜市青葉区、代表:根岸里香)の協力を得て、 認知症の人にやさしい街あざみ野プロジェクトの一環で、高齢者および認知症に関する住民の意識調査『青葉区あざみ野地域アンケート調査2021』を2021年6 ~7月に実施しました。

結果は以下のURLよりご確認ください。


サマリー:こちらからご覧いただけます。(PDF)

報告書:こちらからご覧いただけます。(PDF)



【お問い合わせ】

桐蔭学園トランジションセンター https://www.toin-tc.com/

(やさしい街あざみ野実行委員会 アンケート調査担当)(担当:桐蔭学園 武田) transition@toin.ac.jp

161回の閲覧