• 桐蔭学園トランジションセンター

やって見よう!煮干しの解剖



【講師】

桐蔭横浜大学 

医用工学部 教授 博士(理学)


吉田 薫(よしだ かおる)詳細


【講座概要】

料理のだしに使う「煮干し」を解剖して、カタクチイワシという魚について一緒に研究しましょう。生きものはちょっと苦手な人でも楽しく学ぶことができます。この小さな魚から、生きものの体と暮らしている環境についていろいろなことが見えてきます。


【事前に準備していただくもの】

※準備物に変更がありました。もう一度ご確認ください。

・煮干し(大きめが良いです)

・白い紙(この上で解剖します)

・つまようじ(小さな部分を取り出すのに使います)

・煮干しをもどすための容器(マグカップやお椀など)

・お湯(煮干しをもどすためのもの)


【講座開講時間】

①10:30-11:00

②13:30-14:00

③14:30-15:00






618回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示