Title

誰でも地域で取り組めるパラレルキャリアの効果と実践方法

開催日時

2019年11月16日(土)10:00〜12:30

講座概要

パラレルキャリアとは、兼業・副業だけではなく、社会的な活動も含めた複業であり、人生100年時代にも対応した柔軟な生き方です。その効果としては、越境学習という、自分の視野が広がる学習の効果があります。パラレルキャリアは、難しいものではなく、様々な地域で誰でも取り組むことができます。本講座では、その実態、効果、実践方法について、ワークショップを交えて考えていきます。

法政大学大学院政策創造研究科

研究科長・教授

石山 恒貴

講師経歴

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。日本労務学会理事、人材育成学会理事、フリーランス協会アドバイザリーボード、早稲田大学・大学総合研究センター招聘研究員、一般社団法人トライセクター顧問、NPOキャリア権推進ネットワーク授業開発委員長、一般社団法人ソーシャリスト21st理事、一般社団法人全国産業人能力開発団体連合会特別会員

著作・作品

主な著書:

『越境的学習のメカニズム』福村出版、2018年、

『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、2015年、

『会社人生を後悔しない40代からの仕事術』(パーソル総研と共著)ダイヤモンド社、2018年  

主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan, Journal of Knowledge Management, Vol.20,No.6,2016. 

URL