Title

自己形成の心理学

-さまざまな私のぶつかりをどう調整して、成長に繋げるか-

開催日時

2019年10月10日(木)10:00〜12:30

講座概要

心理学の講座です。自分の中にいったいどれだけの「私」が住んでいるか、考えてみませんか。人は、夫としての私、親としての私、仕事をする私、親を介護する私、地域に関わる私など、さまざまな「私」をもっています。子どもで勉強と部活の両立がはかれず葛藤するように、ときに「私」同士はぶつかります。調整できれば人は成長しますが、調整できなければ苦しみます。当日は、このような自己探求ワークとそれを説明する学術的説明をおこないます。

学校法人桐蔭学園 理事長

桐蔭横浜大学 特任教授

溝上 慎一

講師経歴

1970年生まれ。大阪府立茨木高校卒業。神戸大学教育学部卒業、1996年京都大学高等教育教授システム開発センター助手、2000年講師、2003年京都大学高等教育研究開発推進センター准教授。2014年教授を経て、2018年9月に桐蔭学園へ着任。2019年4月より現職。京都大学博士(教育学)。 日本青年心理学会理事、大学教育学会理事、“Journal of Adolescence”Editorial Board委員、学校法人河合塾教育研究開発本部研究顧問、中央教育審議会専門委員、大学の外部評価・AP委員、高校のSGH/SSH指導委員など。 日本青年心理学会学会賞受賞。  専門は、心理学(現代青年期、自己・アイデンティティ形成、自己の分権化)と教育実践研究(学びと成長、アクティブラーニング、学校から仕事・社会へのトランジションなど)。

著作・作品

『自己形成の心理学-他者の森をかけ抜けて自己になる』(2008世界思想社、単著)、『現代青年期の心理学-適応から自己形成の時代へ-』(2010有斐閣選書、単著)、『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』(2014東信堂、単著)、『アクティブラーニング型授業の基本形と生徒の身体性』(2018東信堂、単著)、『高大接続の本質-「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題-』(2018学事出版、編著)など多数。

URL