コロナを乗り切る!桐蔭オンライン講座

Zoom

Title

武漢研究所を訴えることはできるのか

桐蔭横浜大学法学部教授・副学長

河合 幹雄

開催日時

2020年5月30日(土)15:00〜15:30

対象

高校生以上

講座概要

コロナウイルスが引き起こした損害を司法の観点から見てみよう。ウイルスが中国の武漢研究所から漏れたとして非難する勢力がいるが、中国政府を相手に、あるいは研究所を相手に訴訟することはできるのか。できたとして、勝訴するには何が条件になるのか解説したい。さらに、事件の背景としての、中国政府とWHOの関係について、広い視野から検討してみよう。犯罪学者として生物兵器テロについての知見を活かしたい。

講師経歴

京都大学理学部生物系卒業,文学部で社会学を学んだ後、法学部大学院で法社会学専攻,パリ第二大学留学 、京都大学法学部助手を経て現職 一橋大学法科大学院・早稲田大学法学部非常勤講師、日本法社会学会理事、日本犯罪社会学会理事、日本被害者学会理事 全国篤志面接委員連盟評議員、公益財団法人矯正協会評議員、AV人権倫理機構理事、一般財団法人河合隼雄財団評議員、元警察大学校嘱託教員

Web

著書

『安全神話崩壊のパラドックス ――治安の法社会学』 岩波書店 、『日本の殺人』ちくま新書 筑摩書店

桐蔭学園トランジションセンター

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614番地

TEL:045-975-2100

(C)TOIN GAKUEN TRANSITIONCENTER. all rights reserved.